離婚する時に持ち家があると、どうなるのでしょうか? 持ち家を持っている方が離婚する際には、この問題が必ず出てきます。 離婚した場合の持ち家の扱いは、大きく2つに分けられるでしょう。 ・どちらがか持ち家に住む ・どちらも住まず売却して、その代金を二等分する 一般的に、持ち家がある場合、このどちらかのパターンになります。 共有財産をしっかりと分けたいのであれば、売却してその代金を二等分するのが良いでしょう。 まだ住宅ローン(一定の条件を満たさないと審査に通りませんが、その審査基準はその金融機関によって畭なります)が残っている場合には、その点に関しても両者で話し合う必要があるのです。 離婚の際には、このような資産の分配によるトラブルが起こりがちなので、曖昧にしてはいけないのです。 離婚してから揉めることがないように、細かいことまでしっかりと取り決めておきましょう。 離婚後の新しい生活の為にも、早期に資産(多いに越したことはありませんが、本人の死後、相続争いに発展することも少なくないようです)の分配方法を決めたいかも知れませんね。 もし、どうすれば良いのか判らない場合は、すぐに弁護士に相談して、適切な対応をお願いするようにしてくださいー